風俗店員になりたいけど怖い人がバックについているの?

風俗店員として働きたいと思っても、バックに暴力団が控えてるんぢゃないかと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか? - 風俗店だから暴力団がいるとは限らない

風俗店だから暴力団がいるとは限らない

もしも暴力団のような人間に見張られながら仕事をすることになったらどうしよう・・・。ということを考えて風俗店員になることを躊躇してしまっている人たちも多いかもしれません。
しかし、仮に関わっているのだとしてもお店に顔を出すということは稀になっていますし、一般スタッフに危害を加えるようなことは有り得ないので、安心して働くことができます。

イメージ的には

キャバクラや風俗店というのには絶対に関わってくる印象があるのが暴力団ということになってくるかもしれませんし、実際に経営母体として存在していることも珍しくはありません。
しかし、だからといって全ての店が支配下に置かれているのかというとそういうわけでもありません。全くノータッチで運営しているようなところもあるので勘違いしないようにしましょう。

普通の会社と同じで

背後に暴力団が付いていれば妙な人間たちに対しての抑止力にはなるかもしれませんが、その分普通のお客さんたちから警戒されることが考えられるので、デメリットの方が大きくなります。
なので、あくまでも小売り店なんかと同じように、店長が色々なことを考えながら経営をしていっているのが普通にもなってくるので、警戒をしすぎるのもよくないと言えてしまえるでしょう。

関わりがないなら

何かあった時には問題を解決してくれる。ということでみかじめ料のようなものを毎月支払っているお店もあるかもしれませんが、中には全く関わっていないという風俗店も存在しています。
トラブルが起きた時には風俗店員が解決しなくてはいけないことにもなってくるので、どちらの方が良いのかは難しい問題かもしれません。よくよく考えてから、どちらの店で働きたいか決めてください。

関連する記事