風俗店員になりたいけど怖い人がバックについているの?

風俗店員として働きたいと思っても、バックに暴力団が控えてるんぢゃないかと思う人もいらっしゃるのではないでしょうか? - 風俗店を営業するには国からの許可が必要

風俗店を営業するには国からの許可が必要

どうしても風俗店というものは暴力団が絡んでくることになっている。という考えから抜け出せない人たちもいるかもしれませんが、確実ということではないので安心してください。
営業するためにはきちんと届け出をして、国からの許可を貰うという必要があるということができるので、大きな店なら殆どの場合がクリーンな経営をしているということができるでしょう。

いかがわしく思っても

女の子たちが嫌々身体を売っているような場所。という風に考えてしまっていると、どうしてもマイナスなイメージになってしまっているかもしれませんが、別に無理矢理働かされているわけでありません。
短期間で高収入を手に入れたいといったような目的から在籍している女の子も数多くいるので、怖い人たちに囚われているということは最近では殆ど有り得ないことだと言えるでしょう。

形態によっては

店舗型のお店ならば国からの認可を受けているので安心して風俗店員として働くことができますが、マンションの一室に女の子たちを待機させて出会い系サイトでお客を取らせるという手法もあります。
そのような業者になってくると、未成年を働かせたりと違法性の高いものになってしまうと予想することができてしまうので、間違っても雇われることがないように注意してください。

警戒することも大事

きちんとした求人の募集を出しているようなお店ならば怪しい団体との関わりも殆どないと考えられるので、風俗店員として働くのも安心することができますが、ネット上からだと気を付けてください。
たとえばSNSのみで人手不足ということを言っているようなところで働くことにしてしまったら、犯罪の片棒を担がされることになってしまうかもしれませんし、自衛する意識を持ちましょう。

関連する記事